東大入っても品性は養われなかったイキリオタクの懺悔

捉えどころのない生の苦しみの中を、ユーモアと哲学で颯爽と駆け抜けていきたい。一介の冴えない大学生。

無気力、無気力、雨、無気力

雨が降り続いている。

天気予報によれば向こう一週間は雨。

夜に聞く雨の音は風情があって好きだが、これだけ続くとさすがにうんざりする。当然引きこもっているわけにもいかない。

 

閉塞感に拍車がかかりそうだ。夏休みが終わってからというもの、あまり充実した日々を送れていない。

何もする気が起きない、といったところか。

夏休みは毎日予定があって、俺にしては充実しすぎていた。その反動なのか。

 

今学期を迎えるにあたって、俺には一つ決めていたことがあった。

ゆとりを持って生活するということ。

これまでの大学生活は、何かやらなければいけないという観念にとらわれて、精神的な余裕が少なかった。

予定が埋まっていないと焦りを感じたというか、とにかくスケジュール帳の空白を少なくしたかった。常に目先に目標を据えていたかった。

もちろんそのお陰で色々とやりたいことに挑戦できたし、充実していたのは間違いない。

ただ何度か苦しい思いをしたこともあった。

 

そういうわけで、やるべきことを増やさない、忙しくしないことを意識した。

結果、やるべきことがなくて圧倒的に暇になった。

その分勉強を頑張ろうと決めていた。加えて読書、映画、音楽など、作品に触れる時間を長くしたいと思っていた。

 

しかし、俺はやるべきことが何にもないと、本当に何もしないんだった。

課題に追われている時は、やりたいことなんていくらでも浮かんでくるのに。課題を放り投げて、心ゆくままにやりたいことをやりたかったのに。

 

なのになんだが鬱々として、心が死んでいるから作品に触れる気も起きない。

そして厄介なのが、時間を無駄にしたという後悔。

本来やるべきことは何一つないのだから、いくらでも無駄にしたっていいはずなのに。

それでも何かができることを期待しているわけで、それが達成できなかった後悔。

これを毎日感じながら布団に入るのは実に虚しい。

 

せめてもの意地で、今夜はこれを書いているーー