東大入っても品性は養われなかったイキリオタクの懺悔

捉えどころのない生の苦しみの中を、ユーモアと哲学で颯爽と駆け抜けていきたい。一介の冴えない大学生。

GO!GO!7188

うずうずしている 

何かやりたい

でもやりたいことがない

ロック / GO!GO!7188

 


GO!GO!7188- 『ロック』

 

GO!GO!7188は、2000年にデビューしたスリーピースバンド。2012年解散。

代表曲は『こいのうた』でしょうか。00年代前半に特に人気を集めたそうです。チャットモンチーが出てくる前ぐらいですかね。なので僕はリアルタイムで知りません。

中学生のころ、ベストアルバムを聴いていました。そして大学生になって、ふと思い出して聴くことがあります。相変わらずベストしか聴いてないけど。

『文具』『浮舟』『おとなのひみつ』『おとなのくすり』『C7』『ジェットにんじん』などなど、独創的なタイトルに面食らいます。好きな曲を並べただけなんですけどね、文具ってマジでなんやねん!

どんな過激な曲なんだろうと思って聴くと、意外やキャッチーなメロディー。どこか懐かしい感じと確かなロック感、女性ボーカルの力強い声。確かに、当時GReeeeNやファンモンを熱心に聴いてた僕は、なんやこれって思いましたけど、聴いてるうちにハマりました。大学に入ってからは、もっともっと良さがわかるようになりました。そして、現在進行形でベスト以外の曲も聴いていますがいいね!

 

話を戻そう、てかちゃんと始めよう。

別に音楽の話をするために冒頭の引用があったわけではないです。今の気分を率直に表してくれる詞が浮かんできたからです。

こんな気持ちになったこと、皆さんもあるのではないでしょうか。なんかやりたいけど別にやりたいこともないし、あるいは、やりたいことは沢山あるけどどうしてもやりたいってほどのことはないとか……。僕は人生のどの時点でも、こういった悩みに取り憑かれている気がします。

何かに没頭するということがない。何かに傾倒してみたい。アーティストや作家のwikiを見てると、必ず出てくる傾倒というワード。頽廃の中にある傾倒。うん。めちゃくちゃカッコいい。大学生の今がラストチャンス的な感じもあるし、傾倒してえなぁ(こういう発想はめちゃくちゃダサい) 。けど「傾倒」って言葉の字面もニュアンスも登場シーンも何もかもカッコよく思える。一方で依存する人のことは基本的に小馬鹿にしてます。自分の存在証明に他人を使ってんじゃねーよって。無茶苦茶言ってます。許して。

 

けど最近は、とにかく勉強欲だけが強い。勉強したいし、しなきゃならないと思う。せっかく学びたい学科に入れたのに、消化不良じゃもったいないから。授業に出ているだけじゃ何も身に付かないなと、本当の意味で気付いて、それは授業の意味がないというのではなく、自学自習も欠かせないということ。

教育学部の教育学という学問をやる学科なのですが、この教育学が難しい。まず教育学とはなんたるかがわからない。ざっくり言うと教育って生きることと密接に関わってるから、まず哲学を勉強しないといけない。哲学と一口に言っても、広すぎる上にじっくり深く向き合わないと意味がない。なので勉強頑張らんとな、と思うようになった。

 

普段ほとんどPCを開かないのですが(肩凝るから)、たまに開くとどうしても何か書きたくなってしまう。ということで無理やり記事を書きました。けど内にあるモヤモヤした思いを吐き出したぞ。

 

 

「頑張らせて神様

 

報わらせてなんて贅沢なお願いはしないから」

 

 

 

 

twitter、始めました。

twitter.com

 

誰でも気兼ねなくフォローしてください!