東大入っても品性は養われなかったイキリオタクの懺悔

捉えどころのない生の苦しみの中を、ユーモアと哲学で颯爽と駆け抜けていきたい。一介の冴えない大学生。

なぜブログを書かなくなったか

そもそもこのブログの記事は大体が暗い内容であり、なぜかというと「ナラティブセラピー」のためのものだから。いやこんな自分でもよくわかってない言葉を持ち出すまでもなく、単に辛い気持ちを吐き出して楽になろうとするために書いていただけになっていたということ。

ここまで言えば、もうタイトルの回答はわかるだろう。辛い気持ちになることがめっきり減ったから。春休み中だったこともあり、旅行したり友達と遊んだり‪各種イベントに行ったりしていたら、楽しく過ごせていた。個人的に楽しい気持ちはわざわざ発信するより自分だけで独占しておきたいから、記録に留めておきたいのは山々だが書くまでは至らない。

というわけで、ブログの更新頻度は下がった。これからもそうであればいいと思う。が、方向性を変えてみるのも面白いと思う。とにかく出来事をありのままに書いてみるとか、検討中だ。もちろん時間の許す限り。新生活にブログを書く余地はあまりない。今久し振りにブログを開いたのは、「今月のPVが100に到達しました」という無機質な通知が来たからに過ぎない。

ブログを始めた去年の十月という時期は、キャンパスが変わった新しい大学生活に馴染めず、半ば鬱になっていた頃だった。だから気晴らしにブログを更新した。でも今はその必要はない。約四ヶ月間、本当に諸事への意欲が失われ、貴重な時間を無駄にしてしまった。心の健康は大切だ。取り返せるようにしばらくは生きていきたい。