東大入っても品性は養われなかったイキリオタクの懺悔

捉えどころのない生の苦しみの中を、ユーモアと哲学で颯爽と駆け抜けていきたい。一介の冴えない大学生。

Twitterがなければ

Twitterがなければ 

 

毎日5時間はTwitter

朝起きたらとりあえずTwitter

予定という強制力が働くまではずっとTwitter

寝る前もTwitter

その日に満足するまでTwitter

結局満たされることはないのがTwitter

 

電車に乗ってはTwitter

歩きながらでも風呂に入ってもTwitter

身体に余裕がある限りTwitter

余裕がない時にはむしろTwitter

 

精神に余裕があってもなくてもTwitterはできる

面白いことがあればTwitter

何かにムカついたらTwitter

誰かに話を聞いてもらいたくなってTwitter

タスクが溜まればTwitter

現実の時を進めたくなくてTwitter

 

Twitter、疎ましいもの。

 

ツイートをする

他人のツイートを読む

様々な記事や掲示板のリンクを飛ぶ

ただそれだけ

それだけでなんの意味もない

 

得た情報量は膨大だけれど

知ることができたのは

他人の才能、即ち自分の平凡さ

それと社会の程度の低さ、向き合おうとすれば精神を病む

絶対適合できねえわ

 

Twitterがなければ

僕には何ができただろう

僕は何をしていただろう

Twitterが生まれる前の人々は何をしていたのだろう

今やわからなくなってしまった、純粋な疑問

 

もっと本も読めるし

街を歩いたり何かを生み出したり

したい

愉快な人と会って愉快な話が

したい

 

毎日一日の短さを嘆く僕の悩みは

どこかへ行ってくれるのだろうか

 

それでもTwitterをやめない

やめられないとまらない

7年も続く習慣とは、もう縁を切れない

しかも生きるのに必須のツールという感

誰も彼もがやっている

セルフプロデュースの時代、生き抜くために

 

まあしかし、やめない理由は結局ただ一つ

人との繋がり

今の交友関係のほとんどがTwitter

それを絶ってしまえば僕には何も残らない

TLという巨大なカタリバがなければ

僕は口がきけなくなる

魂が消え失せる

 

でも納得いかない

こんなにも時間を奪われなくてはならんものかと

もっといい方法はないの?

 

心の声に瞬時にリアクションをしてくれ!!

 

これはもう、半分依存症なのではないか

だったらアルコールとかと同じで、自助グループを作ればいいんじゃないか

 

Twitterから抜け出したい人でグループを作ります

実際に会ってお話ししたり、時間がなければ通話でもLINEでもいい

他人の存在を認め合いましょう

協働して達成、承認の欲求を満たし合いましょう

これで解決

平和が訪れる

 

でしょうか?

 

 

ためしてガッテン

 

 

だけどめんどいから今日もTwitterしてまーす(CV:國母和宏)