東大入っても品性は養われなかったイキリオタクの懺悔

日々のツイートの希釈 頑張って生きまっしょい

人には人の、生活リズム。

今朝は7時に眠りについた。

課題があったので本来は12時に起きたかったが、6時間は寝た方がいいと思い13時に目覚ましをセットした。

何度寝かを繰り返して、起床したのは16時。

 

昼夜逆転に成功してから、1カ月は経っただろうか。

成功という言葉遣いも変だが、一回試してみたかったところはある。

朝起き、昼活動し、夜寝るのがそんなに大事なことなのかと、ずっと疑問だった。

もちろん今までも生活リズムは崩れていたが、今回は作為的にした。

昼夜逆転にネガティブな感情を抱かず、むしろストイックに昼夜逆転していこうとひそかに誓った。

ストイックという言葉とは程遠いこの俺がである。

そしていとも簡単に成功した。

自分の身体がまさに適合していた。

生まれつきそれが最善だったのかもしれないと思えるほどに。

もちろん早い時間から予定が入ることもあったが、生活リズムは崩れなかった。

不思議と今のリズムに収束していった。

今まで保てたことなんてなかったのに。

俺の貧相な身体は意外と意地っ張りだった。

 

さて、昼夜逆転の生活ぶりとはどんなものだろうか。

俺の場合は朝の7~9時ごろ寝て、昼の3時か4時には起きるから、まだまともな方かもしれない。

夕方から夜にかけてはバイトなりサークルなり何らかのイベントで外出することが多い。

しっかり休息を取った後だから、コンディションは好調だ。

これはメリットの一つ。

体力がある状態ならば、人に会うのも億劫ではない。

必要最低限を上回る会話もできる。

帰宅してからは、人々が寝静まり落ち着いた街で、優雅なアフタヌーンを過ごす。

俺にとって昼間は明るくて、何かしらの活動を迫られる感じがして、精神がしんどい時があった。

反面、夜はいくらでも無為に過ごしていい気になってくる。

夜更かしという言葉が似合う情景を思い浮かべてみればよい。

おおよそ怠惰。わずかに内省。

生産的と呼べるような時間は全くないまま朝を迎え、少し遅めの夜ご飯を食べ、明日へと飛び立つ。

21年間生きてきて、ようやく自分の居場所を見つけられた気分だ。

 

いま、俺の胸にのしかかってくるものが二つある。

一つは、留年への不安。

まだ前期課程修了要件を満たしていないのである。

もう一つは、この生活が終わってしまうことへの不安。

朝起きて昼活動して夜寝る生活に移行しなければならない負担。

今期は理論上単位を取らなくてもいいが、3年ともなるとそうはいかないのだ。

どちらになっても地獄が待ち受けているはず。

前者であれば生活費稼ぎに奔走することになるだろう。

後者であれば古代人に戻ってしまう。

究極の選択。

 

まだ猶予はある。